写真(OR撮影)河野裕昭


西暦は年度,B, M, D はそれぞれ学士,修士,博士課程,1 は京都工芸繊維大学, 2 以下は九州大学での指導 (3年後期セミナーは記さず)

1. 新穂成矢(1995 B)
2. 堤裕之(1996--97 M, 1998 D)
修士論文「Atkin's orthogonal polynomials for Γ_0(2)」
博士論文「A study on Atkin's inner product and the supersingular polynomials for congruence subgroups of low levels」
3. 井原健太郎(1996 B, 1997--98 M, 1999--2004 D)
修士論文「The g_2 link invariant and relation of multiple zeta values」
博士論文「Double shuffle structure on the algebra of multiple zeta values」
4. 橘克一(1996 B, 1997--98 M)
修士論文「When is a polygonal pyramid number again polygonal?」
5. 水口貴雄(1997 B)
6. 猿渡満(1998--99 M)
修士論文「楕円モジュラー関数のPetersson-Rademacher の公式について」
7. 大場由美(1998--99 M)
修士論文「On traces of singular moduli」
8. 古川誠(1998--99 M, 2000 D)
修士論文「連続するk角数和と立方数和について--elliptic surface の応用--」
9. 宮本義和(1998--2000 M)
修士論文「Modified poly-Bernoulli numbers」
10. 二宮浩人(1998--2003 D)
11. 松野下淳(1998 B)
12. 安田貴徳(1998 B, 1999--2000 M)
修士論文「The spectral decomposition of quaternionic form of Sp(2) --cuspidal Eisenstein series--」
13. 西真(1999--2000 M)
修士論文「多重L-値の関係式」
14. 後藤丈志(1999--2001 D)
博士論文「A study on the Selmer groups of the elliptic curves with a rational 2-torsion」
15. 尾池史(1999 B)
16. 梶川純(1999 B, 2000--01 M, 02--05 D)
修士論文「多重ゼータ値の regularized double shuffle relations によるduality の導出」
博士論文「Duality and double shuffle relations of multiple zeta values」
17. 小浦友廣(2000--01 M, 02--04 D)
修士論文「Derivation を用いた多重L-値の線形関係式について」
18. 柴田直(2000--02 M, 11-- D)
修士論文「調和数と半整数調和数について」
19. 水田正樹(2000--01 M)
修士論文「多重Bernoulli 数の一般化について」
20. 川西大介(2000 B, 01--02 M)
修士論文「2次形式による素数の表現について」
21. 高妻倫太郎(2000 B, 01--02 M, 03--07 D)
修士論文「Primes of the form x∧4 + y∧2」
博士論文「A study on elliptic curves related with cyclic cubic extensions and their generalizations」
22. 石打史尚(2001--02 M)
修士論文「一般多重Bernoulli 数について」
23. 清水憲一(2001--02 M)
修士論文「ある微分方程式の解となるモジュラー形式について」
24. 浦谷哲治(2001 B)
25. 田中立志(2001 B, 04--07 D)
博士論文「On the extended derivation relation for multiple zeta values」
26. 渡辺真士(2001 B)
27. 木村大資(2002--03 M)
修士論文「q-多重ゼータ関数の負整数点での値」
28. 岐部高明(2002 B)
29. 後藤正幸(2002 B, 03--04 M)
修士論文「On modular forms arising from a differential equation with parameters」
30. 境誠治郎(2002 B, 03--04 M)
修士論文「二次無理数の連分数展開, caliber, 近似分数 mod p について」
31. 梅野健(2003 B, 04--05 M)
修士論文「実2次体の Caliber の2ベキ可除性について」
32. 手嶌綾(2003 B, 04--05 M)
修士論文「奇数の調和数に関する研究」 
33. 南原洋平(2003 B, 04--05 M)
修士論文「負の index の多重 Bernoulli 数について」
34. 宗田修一(2003 B, 04--05 M, 06--08 D)
修士論文「On some explicit evaluations of multiple zeta-star values」
博士論文「On non-strict multiple zeta values」
35. 田中亜矢子(2004--05 M)
修士論文「単調和数と半整数単調和数について」
36. 大田香織(2005--06 M)
修士論文「トンプソン級数のフーリエ係数」
37. 境優一(2005--06 M, 07--09 D)
修士論文「On extremal quasimodular forms for congruence subgroups」
博士論文「A study on modular and quasimodular forms related to some modular differential equations」
38. 脇山聡樹(2005--06 M)
修士論文「多重L値上への twisted derivation の拡張」
39. 鈴木賢(2005 B, 06--07 M)
修士論文「被約, 簡約二次形式と連分数展開について」
40. 時津裕史(2005 B, 06--07 M)
修士論文「あるモジュラー形式の零点の位置について」
41. 梵真沙子(2006--07 M)
修士論文「二重L値のある関係式について」
42. 松尾弘法(2007--08 M)
修士論文「Gauss-Jacobi 和について」
43. 本多雄太朗(2007 B, 08--09 M)
修士論文「あるモジュラー形式のフーリエ係数について」
44. 繁木伸孝(2008--09 M)
修士論文「Markoff 2 次無理数および対応するj関数の積分値について」
45. 武内麻衣子(2008--09 M)
修士論文「実2次体の被約・簡約2次無理数の個数について」
46. 田添好博(2008--09 M)
47. 森圭太(2008 M)
修士論文「実2次簡約形式の個数の2ベキ可除性について」
48. 齋藤恆和(2008--10 D)
博士論文「Index Calculus Attack for Elliptic Curve Discrete Logarithm Problem over Extension Fields」
49.田坂浩二(2009--10 M, 11--13 D)
修士論文「多重ゼータ値の関係式と2重アイゼンシュタイン級数」
博士論文「A Study on Multiple Zeta Values Related to Periods of Elliptic Modular Forms」
50. 今冨耕太郎(2009--13 D)
博士論文「Multiple zeta values and multi-poly-Bernoulli numbers」
51. 小笠原健(2009--11 D)
博士論文「A study on elliptic modular forms of weight one」
52. 小野克彦(2009--11 D)
博士論文「A study on zeros of extended zeta polynomials for coding theory」
53. 江頭沙織(2010 B)
54. 武田枝梨加(2010 B, 11--12 M)
修士論文「Multi-Poly-Bernoulli 数について」
55.岩永純弥(2010--11 M)
修士論文「Gauss-Jacobi 和について」
56.呉屋秀樹(2010--11 M)
修士論文「Interchange graph に関する Brualdi 予想について」
57.坂田英幸(2011--12 M)
修士論文「実2次簡約無理数の個数の偶奇について」
58. 井原庸介(2011 B, 12--13 M, 14-- D)
修士論文「有限実多重ゼータ値について」
59. 喜友名朝也(2012--14 D)
博士論文「Kaneko-Zagier type differential equation for Jacobi forms」
60. 長内遼太郎(2013--14 M)
修士論文「Hauptmodul のフーリエ係数について」
61. 中屋智瑛(2013--14 M, 15-- D)
修士論文「ある微分方程式のモジュラー形式解と楕円曲線の超特異多項式」
62. 村原英樹(2013--15 D)
博士論文「A study on relations among finite multiple zeta values」
63. 堀川祥暢(2014 B, 15-- M)
64. 小山宏次郎(2014--15 M)
修士論文「有限多重ゼータ値の関係式」
65. 櫻井ふみ(2014--15 M))
修士論文「多重ベルヌーイ数および多重ベルヌーイ多項式のある和について」
66. 坂田実加(2014-- D)
67. 松坂俊輝(2015 B, 16-- M)
68. 小崎光喜(2015-- M)
69. Maneka Oshadi(2015-- M)
70. 金城俊輝(2016-- M)