前園宜彦ホームページ
九州大学大学院数理学研究院数理科学部門
〒819-0395 福岡市西区元岡744番地


このページは前園宜彦のホームページです.不備な点等がありましたら
maesono[at]math.kyushu-u.ac.jpまでお知らせください


Home Page in English

研究内容
  • 高次有効性をもつスムーズなノンパラメトリック推測法の開発
    キーワード:平滑化法、カーネル型、ノンパラメトリック
    2012.04〜2015.03.
  • カーネル法に基づく統計的推測法の漸近理論
    キーワード:カーネル法、ノンパラメトリック
    2010.03〜2013.12.
  • 統計的リサンプリング法と高次漸近理論の融合による実用的な高精度推測法の開発
    キーワード:リサンプリング法、漸近理論
    2009.04〜2012.03.
  • 高度な情報抽出のためのノンパラメトリック推測理論の導出とその応用 
    キーワード:ノンパラメトリック、情報抽出
    2009.04〜2013.03.
学会誌編集委員

九大統計の特徴

九州大学数理・IMIにおける統計の歴史は古く,昭和17年(1942年)に統計数学講座として
北川敏男教授が初代教授となりました.北川教授の下で数多くの統計研究者が輩出しました.
その後も,工藤昭夫教授,柳川堯教授,小西貞則教授の指導の下に優秀な統計学者を育成しています.
現在は講座制はなくなりましたが,西井龍映教授,前園宜彦教授,二宮嘉行准教授,増田弘毅准教授,
松井秀俊助教の体制で統計教育を行っています.

九大統計の卒業生

日本では数学科において統計教育が充実しているところが少なく,理論に強い統計研究者の需要はかなり
あるために,博士課程終了後に大学のポストにつく人もかなりの数にのぼります.
また統計は様々な場面で活用されていますので,博士課程を終了して,企業に就職している人も数多くいます.
最近でも企業はもちろんのこと,アカデミックなポジションの募集もかなりの数に上ります.


学生の皆さんへ

統計は大学入試ではあまり出題されないために,なじみの少ない分野だと思います.しかし資料の整理に
利用される棒グラフ,円グラフ,折れ線グラフは初等的な統計手法の1つになります.データを元に
重要な仮説を主張するときには,必ず統計手法を使います.近年は単純な手法では解析できない複雑な
データに対する研究も盛んに行われて,有益な情報を抽出するのに役立っております.


データサイエンス

最近データサイエンスという言葉がもてはやされている.これは情報の技術と統計科学を融合させてビッグデータ等の大規模・複雑
なデータから有益な知見を得ようとするものです.滋賀大学,横浜市立大学などにデータサイエンス学部が設置あるいは設置予定
です.また九大を含む6つの大学が「数理及びデータサイエンスに係る教育強化」拠点校に採択されて,九大ではセンターを2017年
10月に立ち上げる予定になっています.

統計を活用する分野は非常に多く,下記のように多岐にわたります.

品質管理:1950年代から日本で盛んになり,日本製品の品質の良さに貢献している.
医学統計:新薬の有効性の検証,新たな治療法の効果の検証等に直接利用されている.
金融工学:金融商品に対するリスクの適正な評価を行うのに利用される.
アクチュアリ:準会員の資格を取るのに必要5科目の内一番難しいと思われるのは,数学,損保数理
であるが,これはほとんどが統計の内容である.
ビッグデータ:ビッグデータの解析において利用されるのは基本的な統計手法で,今後は最新の統計手法
を取り入れた研究が盛んになるはずである.


ゼミでは,上記のように統計を専門とした職業に就きたい人を歓迎します.
また研究職への就職も可能性は高い状況です.統計理論を駆使できる人は少なく
人手不足です.博士の学位を取る前に研究職に就職している人もいます

yellowfile プロフィール
yellowfile 出版書籍
yellowfile 査読付論文
yellowfile 賞罰
yellowfile その他の論文等