修士課程 MMAコース 概要

MMAコース

本プログラムの計画の中核をなす,修士課程の新コース「MMA(Master of Mathematics Administration)コース」が平成21年度より開設されました.第1期入学生6人を迎え,MMAコースがスタートしています.

目的

MMAコースの目的は,数学が背景にある基礎研究の意義を理解し,産業界における数学を基盤とした研究開発のコーディネートやマネージメントを大局観と長期的視野をもってあたることができる人材の育成です.また,幅広い数学の基礎を身につけたこのような人材は,官公庁や中学・高校の教員等の進路を選んでも十二分にその能力が生かされることでしょう.

カリキュラム

大きな特徴のひとつは,修了要件としての修士論文を課さない,ということです.従来の,特定の指導教員について2年間,修士論文作成を目標にしたセミナーを行なう代わりに,「MMA講究」という名の下に,半期ずつ4種類のセミナーを受講します.その内容も,特定の分野のことばかりをテーマにするのではなく,半年ずつ異なった分野の内容を,異なる教員のもとで行ないます.形式は4名程度の少人数セミナーで,これは従来の伝統的スタイルです.修士論文を課さない代わりに,一定の頻度でセミナーレポートを書いてもらいます.セミナーのTAとして優秀な博士後期課程大学院学生 (スーパーRA)を配し,よりきめ細かい指導を行います.各学生には2年間継続して履修,修学指導にあたるスーパーバイザー(教員)がつきます.
講義としては数理学コースとの共通講義のほか,企業への短期インターンシップ,その準備でもある実務講義(以上必修各1単位),英語によるMMA数学特論I,II(選択必修2単位),数学史,数理モデル概論,アクチュアリ数理,機能数理学概論など(選択,各2単位)が開講されます.数学系の学科出身でない人のために,自由科目としてMMA数学入門,計算機数学実習という準備科目も用意されています.

学位

MMAコースにおいては,「2年以上在学し,30単位以上を修得し,かつ,必要な研究指導を受けた上,本学府教授会の行う講究報告の審査及び最終試験に合格すること」をもって学位「修士(技術数理学)」が授与されます.

入試

MMAコースの入学試験は,筆記試験と面接により行なわれます.筆記試験は,理系の学部で標準的に履修する数学の内容から出題されます.詳しくは過去入試問題と入手方法をご覧下さい.面接においては学部で学んだことや入学後の抱負などを質問します.

博士課程への進学

コースの修了要件には修士論文を課していませんが,「MMA講究」におけるレポートの集大成を報告書にまとめることで,本数理学専攻博士後期課程機能数理学コースへの進学に際して必要な「修士論文又はこれに相当するもの」とすることができます.


Last-modified: 2009-11-02 (月) 21:53:07 (2939d)