セミナー発足に際してのごあいさつ(1997.4)


|>|~第 306 回 Q-NA セミナー|
|日     時| 2013 年 1月 22日 (火) 15:30 - 17:00|
|場     所| 九州大学伊都キャンパス 伊都図書館 3階 中セミナー室4|
|講 演 者| 金山 寛 (九州大学 大学院工学研究院), 寺田 成吾 (九州大学 大学院工学府)|
|題     目| 非定常渦電流解析における回転子の考慮方法|
|概     要| 磁気ベクトルポテンシャルと電気スカラーポテンシャルを未知関数とするA-\phi法を用いて定式化した非定常3次元渦電流問題を考え, 時間の近似に後退Euler法を導入して, 過渡解析を行っている. このためのソフトウェアとして1CPU用コード:NEXST_Magneticの改良を行っている. ここでは, 特性曲線法を応用した回転子の回転を考慮する方法を説明し, 応用例の計算結果について解説する.|
|備     考| 通常とは開催場所が異なりますのでご注意下さい. お車でお越しの場合にはこの案内を印刷してご持参のうえ, 入構の際に守衛所にてご掲示ください.|

世話人
田上 大助 (九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所)
渡部 善隆 (九州大学 情報基盤研究開発センター)

ご不明な点がございましたら、事務局: までお問い合わせ下さい。


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新