セミナー発足に際してのごあいさつ(1997.4)

|>|~第 309 回 Q-NA セミナー|
|日     時| 2013 年 5月 17日 (火) 14:00 - 15:00|
|場     所| アクロス福岡 6階 605会議室|
|講 演 者| 品野 勇治 (Zuse Institute Berlin)|
|題     目| 制約整数計画ソルバSCIPの並列化|
|概     要| 制約整数計画(CIP: Constraint Integer Programming)は,混合整数線形計画(MILP: Mixed Integer Linear Programming)を完全に包含するより広いクラスの最適化問題としてTobias Achterbergによって提案された.CIP は問題記述能力の極めて高い最適化問題である.SCIP(Solving Constraint Integer Programs) は,CIPを解くために開発された.SCIPはCIPとして記述できる全ての最適化問題が解けるわけではない.しかし,SCIPは必要になった新たな制約式のクラスを扱うことができるように,必要に応じてplug-inを追加することで拡張が可能なソフトウェア・フレームワークである. 本講演では,SCIPを紹介するとともに,その並列化に関して紹介したい.|
|備     考| 通常とは曜日, 時間, 会場が異なりますのでご注意ください.|


世話人
田上 大助 (九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所)
渡部 善隆 (九州大学 情報基盤研究開発センター)

ご不明な点がございましたら、事務局: までお問い合わせ下さい。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新