セミナー発足に際してのごあいさつ(1997.4)


|>|~第 288 回 Q-NA セミナー|
|日     時| 2011 年 1月 24日 (火) 15:30 - 17:00|
|日     時| 2012 年 1月 24日 (火) 15:30 - 17:00|
|場     所| 九州大学伊都キャンパス 総合学習プラザ1階 工学部第5講義室|
|講 演 者| 稲富 雄一 (九州大学 情報基盤研究開発センター)|
|題     目| 大規模生体分子に対する大規模量子化学計算プログラムOpenFMOの超並列化|
|概     要| フラグメント分子軌道(FMO)法は, 大規模生体分子に対する量子力学に基づいた第一原理電子状態計算を行うために開発された並列処理向きの計算手法である. FMO計算は創薬等の分野での応用が期待されているが, 多くの分子に対する計算が必要となるため, 超並列処理による高速化が望まれている. そこで, 我々は超並列処理によるFMO計算のスループット向上のために, 九大などで開発されている並列FMOプログラムOpenFMOを用いて, 数万〜数10万並列実行時に効率的な計算を行うための最適化を行っている. 本講演では, その最適化の現状, および, 見通しについて述べる.|
|備     考| お車でお越しの場合にはこの案内を印刷してご持参のうえ, 入構の際に守衛所にてご掲示ください.|



世話人
田上 大助 (九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所)
渡部 善隆 (九州大学 情報基盤研究開発センター)

ご不明な点がございましたら、事務局: までお問い合わせ下さい。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新