セミナー発足に際してのごあいさつ(1997.4)

|>|~第 256 回 Q-NA セミナー|
|日     時| 2010 年 6月 15日 (火) 15:30 - 17:00|
|場     所| 九州大学伊都キャンパス 総合学習プラザ1階 工学部第10講義室|
|講 演 者| 中嶋 徳正 (九州大学 大学院システム情報科学研究院)|
|題     目| Iterative Progressive Numerical Methodを用いた散乱電磁波計算|
|概     要| 講演者は多数の物体による電磁波散乱現象の境界積分方程式解法による
数値計算に取り組んでいる.差分法および有限要素法にも共通しているが,計算において多くの時間を費やす部分は離散化により現れる大規模な連立1次方程式の求解であり,その高速化および並列化に多くの研究者が従事している.講演者は多重散乱現象の時間的推移に着目して,複数の小規模な連立1次方程式を繰り返し解くことで元の方程式の解に収束させる方法を提案した.この手法は後にL. Shafai が提案したIterative Progressive Numerical Method(IPNM) と等価であることが分かった.講演では境界積分方程式解法における定式化およびIPNMとその改良
について説明する.|
|備     考| お車でお越しの場合にはこの案内を印刷してご持参のうえ,入構の際に守衛所にてご掲示ください.|


世話人
田上 大助 (九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所)
渡部 善隆 (九州大学 情報基盤研究開発センター)

ご不明な点がございましたら、事務局: までお問い合わせ下さい。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新