セミナー発足に際してのごあいさつ(1997.4)


|>|~第 243 回 Q-NA セミナー|
|日     時| 2009 年 10月 20日 (火) 15:30 - 17:00|
|>|~第 245 回 Q-NA セミナー|
|日     時| 2009 年 12月 1日 (火) 15:30 - 17:00|
|場     所| 九州大学伊都キャンパス 総合学習プラザ1階 工学部第10講義室|
|講 演 者| 松江 要 (京都大学 大学院理学研究科)|
|題     目| Rigorous numerics for semilinear parabolic PDEs via the Conley-Rybakowski index|
|概     要| 偏微分方程式の精度保証付数値検証法として、コンパクト作用素の不動点問題に帰着させる中尾の方法と、数値解近傍のベクトル場から位相幾何学的情報を求め、解の存在を示すZgliczynski-Mischaikowの方法がよく知られている。前者は有限要素法を用いていて、一般の有界領域や境界条件における解の検証への応用がある。後者はフーリエスペクトル法を用いているので適用できる問題に限度があるが、解あるいはそれを含む力学系としての不変集合の情報も得られるので、方程式が生成する局所的、大域的力学系の構造検証への応用がある。&br;  今講演では、有限要素法と位相幾何学的概念であるConley-Rybakowski指数を用いて、力学系としての情報も保持させる放物型偏微分方程式の定常解・時間依存大域解の存在検証法を考察する。取り上げるのはコンパクト区間で定義され、ディリクレ境界条件を課した問題に限るが、発展方程式、微分方程式、力学系としての考察により、(例えば2次元)有界領域で定義され、より一般の境界条件を課した方程式への適用も充分に見込める。&br;  最後に、これまで知られている解の数値検証法と組み合わせることで得られるであろう性質について、個人的な展望を簡単に述べたい。|
|講 演 者| Reza Miresmaeili (九州大学 大学院工学府)|
|題     目|  A Coupled Elastoplastic-Transient Hydrogen Diffusion Analysis to Simulate the Onset of Necking in Tension by Using the Finite Element Method|
|概     要| Hydrogen-enhanced localized plasticity (HELP) is an acceptable mechanism for hydrogen embrittlement which is based on the experimental observations and the theoretical computations. The underlying principle in the HELP theory is that the presence of hydrogen causes the localization of the slip bands which results in the decrease of the fracture strength. In a sample under plane-strain tensile stress, plastic instability can lead to either the concentration of plastic flow in a narrow neck or bifurcation from homogeneous deformation into a mode of an exclusively localized narrow band of intense shear. Recently, it has been demonstrated that the presence of hydrogen can indeed induce shear banding bifurcation at macroscopic strains. By using a steady-state equilibrium equation for hydrogen diffusion analysis, the effect of hydrogen on the bifurcation of a homogeneous deformation in a plane-strain tension specimen into a necking or a shear localization mode of deformation has already been studied. In the present research, using a transient hydrogen diffusion analysis and introducing a new constitutive equation accompanied by considering the reduction in the local flow stress upon hydrogen dissolution into the lattice, the effect of hydrogen on shear localization is investigated. In addition, progress has been made in that, the changes in the distribution of the total and trapping hydrogen concentrations through the loading time and particularly during the development of the necking event have been determined.|
|備     考| 数理学研究院の伊都キャンパスへの移転に伴い,会場が変更となっています.ご注意ください.なお,お車でお越しの場合にはこの案内を印刷してご持参のうえ,入構の際に守衛所にてご掲示ください.|



世話人
田上 大助 (九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所)
渡部 善隆 (九州大学 情報基盤研究開発センター)

ご不明な点がございましたら、事務局: までお問い合わせ下さい。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新