セミナー発足に際してのごあいさつ(1997.4)


第 286 回 Q-NA セミナー
日     時2011 年 12月 26日 (月) 15:00 - 17:00
場     所九州大学伊都キャンパス 数理学研究院 3階 中セミナー室7
講 演 者木村 欣司 (京都大学情報学研究科)
題     目数式処理によるLAPACKのdqds法(不等間隔離散戸田方程式)のシフト戦略の改良について
概     要  上2重対角行列の特異値を計算するためのアルゴリズムとしてdqds法というものが存在する. dqds法は, 収束を加速するために, 3重対角対称行列の最小固有値の下界を必要とする. LAPACKのdqds法では, 高速性を重んじるあまり, 最小固有値の下界を計算する際に, ヒューリスティクスを利用する. そのために, 特定の行列においては, 最小固有値の下界とはならず, 上界を出し続け, 収束が加速されずに, 多数の反復後に失敗する.
  本講演では, 始めに, 対称行列の最小固有値の下界を与える公式を網羅的に紹介する. その中の一つに, 逆行列のp乗のトレースを計算することで下界を得られるものが存在する. そのための高速な漸化式を提案する.   次に, 対角=非対角=1の特殊な上2重対角行列のためにKato-Templeの不等式を組み合わせることを提案する. Kato-Templeの不等式は, 逆行列のp乗の対角成分を要求するため, 逆行列のp乗の対角成分を経由して逆行列のp乗のトレースを計算する公式を数式処理を用いて設計する. 以上の改良によるシフト戦略と, 元のLAPACKのシフト戦略を比較する.
備     考お車でお越しの場合にはこの案内を印刷してご持参のうえ,入構の際に守衛所にてご掲示ください.
今回は九大整数論セミナーとの共催です.日時・会場が通常とは異なります. ご注意ください.


第 287 回 Q-NA セミナー
日     時2012 年 1月 10日 (火) 15:30 - 17:00
場     所九州大学伊都キャンパス 総合学習プラザ1階 工学部第5講義室
講 演 者武居 周 (苫小牧工業高専)
題     目反復型領域分割法による大規模full-wave電磁界解析とその応用
概     要本研究では, 反復型領域分割法をベースとする数千万〜数億複素自由度規模の高周波電磁界解析向け並列有限要素解析手法に関する研究・開発を行っている. 反復型領域分割法の実装手法として適用している階層型領域分割法は, これまでの研究において高周波電磁界問題に対して有用であることを報告してきた. 本講演では, まず電界を未知数とするE法による定式化において従来困難であった数千万〜1億複素自由度規模の計算を行い, インターフェース問題の反復解法収束特性やメモリ使用量に関して, 部分領域解法の違いによる比較等, 大規模問題に対する有用性を評価した結果について述べる. また, 本手法の実用的な応用例として, 混雑する通勤電車内における携帯電話の利用を想定した電磁界計算, および数値人体モデルを用いた人体内部の電磁界計算手法について述べる.
備     考お車でお越しの場合にはこの案内を印刷してご持参のうえ,入構の際に守衛所にてご掲示ください.

世話人
田上 大助 (九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所)
渡部 善隆 (九州大学 情報基盤研究開発センター)

ご不明な点がございましたら、事務局: までお問い合わせ下さい。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新