セミナー発足に際してのごあいさつ(1997.4)


第 257 回 Q-NA セミナー
日     時2010 年 6月 29日 (火) 15:30 - 17:00
場     所九州大学伊都キャンパス 総合学習プラザ1階 工学部第10講義室
講 演 者浅井 光輝 (九州大学 大学院工学研究院)
題     目流体衝撃力を受ける構造解析に向けた粒子法-FEM連成解析
概     要流体衝撃が構造に作用する問題の数値解析では,砕波や飛沫といった激しく変化する流体部の形状の変化を捉えつつ,かつ正確な流体力を見積もることが望ましい.今回の発表では,流体部に粒子法,構造部にはFEMを選択し,両者を弱連成で解く際の注意すべき点を報告する.
備     考お車でお越しの場合にはこの案内を印刷してご持参のうえ,入構の際に守衛所にてご掲示ください.

世話人
田上 大助 (九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所)
渡部 善隆 (九州大学 情報基盤研究開発センター)

ご不明な点がございましたら、事務局: までお問い合わせ下さい。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新