セミナー発足に際してのごあいさつ(1997.4)


第 300 回 Q-NA セミナー
日     時2012 年 10月 30日 (火) 15:30 - 17:00
場     所九州大学伊都キャンパス 総合学習プラザ1階 工学部第5講義室
講 演 者Agung Premono (Graduate School of Engineering, Kyushu University)
題     目Finite Element Simulation of Hydrogen Effects on the Ductile Fracture
概     要Ductile fracture is, at room temperature, the most common mechanism of failure in metal. This fracture is divided into three stages: (1) void nucleation; (2) void growth; and (3) void coalescence. Beyond the last stage, the micro-crack is initiated. Many factors influence ductile fracture. One of them is hydrogen, where the presence of hydrogen reduces the strength of materials which in turn influences the ductile fracture. The main objective of this research is to conduct finite element simulation of the hydrogen effects on ductile fracture in a multi-scale context, which implies bridging the scale difference between adjacent simulation levels. To achieve this, the macroscopic and microscopic scale models of ductile fracture are studied simultaneously. To overcome this objective, the following subjects are studied. First, the finite element simulation of the hydrogen effects on the void growth process in a single void model which correlate to the macro scale tensile model. To correlate the macro- and micro-scale models, the displacements from the element at the center part of the tensile model are implemented as boundary conditions in the micro-scale void model. Second, the finite element simulation of the hydrogen effects on the void coalescence process within the multiple void array model in the square and diagonal void arrays which are spread on a notch tensile model. The last is the finite element simulation of the hydrogen effects on the micro-crack deformation. The results show the void growth and coalescence processes from the macro- and micro-scale, and the effects of hydrogen on these processes.
備     考お車でお越しの場合にはこの案内を印刷してご持参のうえ, 入構の際に守衛所にてご掲示ください.


第 301 回 Q-NA セミナー
日     時2012 年 11月 6日 (火) 15:30 - 17:00
場     所九州大学伊都キャンパス 総合学習プラザ1階 工学部第5講義室
講 演 者錦 慎之助 (鹿児島大学 大学院理工学研究科)
題     目FDSによる水素漏洩拡散の数値シミュレーション
概     要二酸化炭素排出量削減のため,また最近ではエネルギー資源の一つとして,水素の利用が検討されている.「福岡水素エネルギー戦略会議」では,水素製造,輸送・貯蔵から利用まで一貫した研究開発・社会実験の取り組みが産学官で連携して行われている.水素を一般社会で利用する場合,水素の漏洩爆発事故の防止が安全上,極めて重要な課題であるが,実験を行うことは困難であるため,数値シミュレーションで水素漏洩拡散を精度良く予測することが安全対策に必要不可欠である.本セミナーでは,米国立標準技術研究所が火災シミュレーションソフトウェアとして開発しているFDS (Fire Dynamics Simulator) を利用して,Hallway modelで行われた水素漏洩拡散の実験装置と実験条件を計算機上で設定し,数値シミュレーションを実行した.この数値シミュレーションの結果は,実験データを精度良く再現できたこと紹介する.また,オープンソースであるFDSの解説と利用方法,水素漏洩シミュレーションでFDSのデフォルト設定を変更して計算精度を向上させた工夫などについて紹介する.
備     考お車でお越しの場合にはこの案内を印刷してご持参のうえ, 入構の際に守衛所にてご掲示ください.

世話人
田上 大助 (九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所)
渡部 善隆 (九州大学 情報基盤研究開発センター)

ご不明な点がございましたら、事務局: までお問い合わせ下さい。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新