セミナー発足に際してのごあいさつ(1997.4)


第 277 回 Q-NA セミナー
日     時2011 年 10月 12日 (水) 15:30 - 17:00
場     所九州大学伊都キャンパス 総合学習プラザ1階 工学部第10講義室
講 演 者Blaise Bourdin (Louisiana State University)
題     目The variational approach to fracture: Theory, numerical implementation, and extension
概     要This talk focusses on the the variational approach to fracture, devised by G.A. Francfort and J.-J. Marigo in 1998. In this approach, the quasi-static evolution of the deformation and crack configuration of a brittle solid is given by unilateral global minimization of a total energy consisting in the sum of the body's elastic energy and a crack surface energy proportional to its length (in 2d) or its area (in 3d). This problems falls in the broader category of free discontinuity problems. I will briefly present the model in the context of Griffith's criterion, and give a few elements of analysis before focusing on it snumerical implementation. I will present a numerical approach based on elliptic regularization and illustrate it with numerical experiments. I will then present some extensions and applications to thermal fracture, peeling, drying, and dynamic fracture.
備     考通常とは曜日が異なりますのでご注意ください. お車でお越しの場合にはこの案内を印刷してご持参のうえ,入構の際に守衛所にてご掲示ください.


第 278 回 Q-NA セミナー
日     時2011 年 10月 18日 (火) 15:30 - 17:00
場     所九州大学伊都キャンパス 総合学習プラザ1階 工学部第5講義室
講 演 者浅井 光輝 (九州大学 大学院工学研究院),檀 啓 (九州大学 大学院工学研究院)
題     目CFDによる津波被害予測の現状と挑戦
概     要東日本大震災時に発生した津波は,我々の予測を大きく超えた甚大な被害を与えた.今後は,数値計算技術を駆使し,遡上域の予測を高精度化し,津波被害低減に向けた対策へと応用することが求められている.まずは,CFD解析による津波シミュレーションの現状を把握することを目的とし,浅水長波理論に基づくFEM解析と3次元SPH法解析結果の特徴を整理する.そして,今後の高精度化に向けた課題を報告する.
備     考前期とは会場が異なりますのでご注意ください. お車でお越しの場合にはこの案内を印刷してご持参のうえ,入構の際に守衛所にてご掲示ください.

世話人
田上 大助 (九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所)
渡部 善隆 (九州大学 情報基盤研究開発センター)

ご不明な点がございましたら、事務局: までお問い合わせ下さい。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新