セミナー発足に際してのごあいさつ(1997.4)


第 228 回 Q-NA セミナー
日     時2008 年 12月 9日 (火) 15:30 - 17:00
場     所九州大学箱崎キャンパス 理学部 3号館 3階 3311 号室
講 演 者畔上 秀幸 (名古屋大学 大学院情報科学研究科)
題     目境界値問題が定義された領域の形状および位相最適化問題の正則化解法
概     要偏微分方程式の境界値問題が定義された領域を設計対象にして,境界を変動させることで最適な境界形状を求める問題を形状最適化問題,領域において密度を定義して,最適な密度分布を求める問題を,慣例に従って,位相最適化問題と呼ぶことにする.本講演では,それぞれの問題において領域変動あるいは密度変動に対する汎関数の勾配を求め,それを用いた勾配法による数値解法について,これまで検討してきた結果を紹介する.


第 229 回 Q-NA セミナー
日     時2009 年 1月 6日 (火) 15:30 - 17:00
場     所九州大学箱崎キャンパス 理学部 3号館 3階 3311 号室
講 演 者Michael Plum (Department of Mathematics, Universität Karlsruhe)
題     目A computer-assisted band-gap proof for 3D photonic crystals
概     要Photonic crystals are usually modelled by a spectral problem for Maxwell's equations with periodic electric permittivity. By Floquet-Bloch theory, the spectrum has band-gap structure, and the bands are characterized by families of eigenvalue problems on a periodicity cell, depending on a parameter $k$ varying in the Brillouin zone $K$. We propose a computer-assisted method for proving the presence of band-gaps: For $k$ in a finite grid in $K$, we obtain eigenvalue enclosures by variational methods, and then capture all $k \in K$ by a perturbation argument.

世話人
田上 大助 (九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所)
渡部 善隆 (九州大学 情報基盤研究開発センター)

ご不明な点がございましたら、事務局: までお問い合わせ下さい。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新