セミナー発足に際してのごあいさつ(1997.4)


第 303 回 Q-NA セミナー
日     時2012 年 11月 27日 (火) 15:00 - 16:30
場     所九州大学伊都キャンパス 総合学習プラザ1階 工学部第5講義室
講 演 者藤野 清次 (九州大学 情報基盤研究開発センター)
題     目同期回数を削減した並列計算機向き反復法
概     要Krylov部分空間法で並列計算するとき,その算法中に各プロセッサーで同期をとる必要がある個所が数ヵ所ある.しかし,プロセッサーの台数が段々増加すると,通信時間と待ち時間が全体の経過時間に占める割合が多くなる.そこで,同期回数が少なくかつ収束性も優れた反復法を紹介する.
備     考通常とは開催時間が異なりますのでご注意下さい. お車でお越しの場合にはこの案内を印刷してご持参のうえ, 入構の際に守衛所にてご掲示ください.


第 304 回 Q-NA セミナー
日     時2012 年 12月 11日 (火) 15:00 - 15:45
場     所九州大学伊都キャンパス 伊都図書館 3階 中セミナー室7
講 演 者JUNG, Il-Hyo (Pusan National University)
題     目Mathematical Modeling and its Applications
概     要The aim of this talk is to introduce a mathematical model in an ecosystem by mathematical modeling and to study a pest management problem using the mathematical model. The pest management problem involves choosing appropriate tactics from a range of pest control techniques including biological, cultural and chemical methods to suit individual systems, pest complexes and local environments. Release of sterile males and spraying of pesticide have been used as control measures for pest population. Sterile insect technique is one of the effective biological control for pests in a system. Using the optimal control theory and mathematical analysis, we show that the proper use of control measures might enhance some production of the model in an economically viable way. This method may be applied to some pest management problems to control pest populations in the other system; malaria and dengue, etc.
備     考解析セミナーとの合同セミナーとして実施します. 通常とは開催時間が異なりますのでご注意下さい. お車でお越しの場合にはこの案内を印刷してご持参のうえ, 入構の際に守衛所にてご掲示ください.


第 305 回 Q-NA セミナー
日     時2012 年 12月 11日 (火) 16:00 - 16:45
場     所九州大学伊都キャンパス 伊都図書館 3階 中セミナー室7
講 演 者KIM, Hyun-Min (Pusan National University)
題     目Numerical Methods for Solving Nonlinear Matrix Equations
概     要We consider numerical methods for solving nonlinear matrix equations which are quadratic matrix equations, matrix polynomials and a class of nonlinear matrix equations of the form $X^{n}-f(X)=0$, where $f$ is a monotone matrix function defined on the cone of $k\times k$ positive definite real matrices. For solving many different types of nonlinear matrix equations, Newton's method is a very natural approach. We consider here how Newton steps can be applied for solving nonlinear matrix equations. Functional iterations and conjugate gradient methods are also considered. Finally, we show some numerical experiments.
備     考解析セミナーとの合同セミナーとして実施します. 通常とは開催時間が異なりますのでご注意下さい. お車でお越しの場合にはこの案内を印刷してご持参のうえ, 入構の際に守衛所にてご掲示ください.

世話人
田上 大助 (九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所)
渡部 善隆 (九州大学 情報基盤研究開発センター)

ご不明な点がございましたら、事務局: までお問い合わせ下さい。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新