セミナー発足に際してのごあいさつ(1997.4)

基盤(S)合同研究集会

「流れ問題のための高品質数値解法と計算機援用解析学」

代表者: 田端 正久,中尾 充宏 (九州大学大学院数理学研究院)
日時 : 平成20年11月17日(月) 13:00〜平成20年11月19日(水) 12:00
場所 : KKRホテル金沢(金沢共済会館) 孔雀の間
   〒920-0912 金沢市大手町2−32
   TEL:076−264-3261/FAX:076-224-3608

プログラム

11月17日(月)

13:00 - 13:15
  opening
13:15 - 14:00
  中尾 充宏 (九州大学 大学院数理学研究院)
  スペクトル法による境界値問題の高精度数値検証
14:00 - 14:45
  山本 野人 (電気通信大学 情報工学科)
  2点境界値問題の精度保証法について
14:45 - 15:30
  渡部 善隆 (九州大学 情報基盤センター)
  Orr-Sommerfeld方程式の固有値に対する計算機援用非存在証明
15:45 - 16:30
  中木 達幸 (広島大学 大学院理学研究科)
  移流を含む多孔質媒体流の数値計算
16:30 - 17:15
  栄 伸一郎 (九州大学 大学院数理学研究院)
  Motion of a transition layer in heterogeneous environment
17:15 - 18:00
  大石 進一
  精度保証付き数値計算とEFTの応用

11月18日 (火)

09:30 - 10:15
  菊地 文雄 (東京大学 数理科学研究科)
  不連続ガレルキンFEMの誤差解析と誤差定数
10:15 - 11:00
  小林 健太 (金沢大学 理学部)
  三角形要素上の補間誤差定数について
11:00 - 11:45
  今井 仁司 (徳島大学 工学部)
  無限精度計算の応用におけるいくつかの問題点
13:15 - 14:00
  土屋 卓也 (愛媛大学 大学院理工学研究科)
  Hadamard変分を用いた自由境界問題ための反復解法
14:00 - 14:45
  長藤 かおり (九州大学 大学院数理学研究院 / JSTさきがけ)
  3次元Maxwell方程式に関するスペクトル問題について
14:45 - 15:30
  橋本 弘治 (中村学園大学)
  A constructive a priori error estimate for bi-harmonic problems
15:45 - 16:30
  野津 裕史 (九州大学 大学院数理学研究院)
  Navier-Stokes方程式のための圧力安定化特性曲線有限要素スキームの一段時間2次精度化
16:30 - 17:15
  田上 大助 (九州大学 大学院数理学研究院)
  光の散乱問題の有限要素解析

11月19日 (水)

9:30 - 10:15
  木村 正人 (九州大学 大学院数理学研究院)
  多角形版移動境界問題の構成とエネルギー(不)等式
10:15 - 11:00
  皆本 晃弥 (佐賀大学 理工学部)
  区間離散ウェーブレット変換とその電子透かし法への応用
11:00 - 11:45
  田端 正久 (九州大学 大学院数理学研究院)
  一般化二流体問題とスキームの収束精度
11:45 - 12:00
  closing

最終更新 2008/11/11


世話人
田上 大助 (九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所)
渡部 善隆 (九州大学 情報基盤研究開発センター)

ご不明な点がございましたら、事務局: までお問い合わせ下さい。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新
Last-modified: 2008-11-14 (金) 17:18:49 (3292d)