セミナー発足に際してのごあいさつ(1997.4)

第 299 回 Q-NA セミナー
日     時2012 年 10月 16日 (火) 15:30 - 17:00
場     所九州大学伊都キャンパス 総合学習プラザ1階 工学部第5講義室
講 演 者渡部 善隆 (九州大学 情報基盤研究開発センター)
題     目コルモゴロフ流の分岐解に対する計算機援用証明(の第一歩)
概     要コルモゴロフ流れは1958年コルモゴロフ (Andrey Nikolaevich Kolmogorov) が提唱した2次元トーラスの平行流れ問題であり, これまで様々な理論的・数値的なアプローチがなされている [1, 5章:コルモゴロフ流の分岐]. 本講演では, 定常流れの自明解からの分岐解だと期待される非自明解の存在を精度保証付きで検証する手法を延べ, これまでに得られた検証結果を紹介する. (あわせて, ナヴィエ-ストークス方程式に潜む多様性と計算機援用証明の困難さ (即ち研究テーマの豊富さ) についても率直に述べます.)
[1] 岡本 久: ナヴィエ-ストークス方程式の数理, 東京大学出版会, 2009.
備     考お車でお越しの場合にはこの案内を印刷してご持参のうえ, 入構の際に守衛所にてご掲示ください.

世話人
田上 大助 (九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所)
渡部 善隆 (九州大学 情報基盤研究開発センター)

ご不明な点がございましたら、事務局: までお問い合わせ下さい。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新
Last-modified: 2012-10-05 (金) 23:36:28 (1870d)