セミナー発足に際してのごあいさつ(1997.4)

第 239 回 Q-NA セミナー
日     時2009 年 7月 7日 (火) 15:30 - 17:00
場     所九州大学箱崎キャンパス 理学部 3号館 3階 3311 号室
講 演 者皆本 晃弥 (佐賀大学 理工学部知能情報システム学科)
題     目レスラー方程式の不安定周期軌道に対する数値的検証法について
概     要レスラー方程式は、ある条件下で不安定な周期軌道を持ち、その軌道はカオス的な振舞をすることが知られている。そのため、数値的にこの軌道を把握することは難しい。そこで、Pyragasは、この不安定な周期解を安定化させる方法としてDelayed Feedback制御を提案した。それは、遅延微分方程式で記述され、これを数値的に解くことにより、不安定周期解が安定化でき、周期アトラクタが得られる。しかしながら、そこで得られた周期アトラクタは、あくまでも近似であり、周期アトラクタの周期も近似的にしか求まらない。そこで、本講演では、安定化された周期アトラクタを利用して真の周期解の存在検証を行なう方法を提案する。この方法は、Delayed Feedback制御と中尾の方法に基づいたものである。また、数値例を示し、本手法の有効性および精度保証された周期アトラクタの周期も示す。

世話人
田上 大助 (九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所)
渡部 善隆 (九州大学 情報基盤研究開発センター)

ご不明な点がございましたら、事務局: までお問い合わせ下さい。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新
Last-modified: 2009-06-08 (月) 16:47:42 (3842d)